Menu

管理本部 管理部 部長

学歴は関係なく、
熱意や「自分はこうなりたい」というものを
持っている学生がいいですね。

人事担当部長

吉田 卓也

普段はどのようなお仕事をされているのですか?

いわゆるヒト・モノ・カネという経営資源を管理し、有効に活用できるようにする管理部という部署で部長についています。管理部門の仕事は、人事、総務、法務、経理、財務など多岐にわたりますが、人事関係、特に採用活動でいうとインターンシップや会社説明会の実施、大学訪問ですね。その他に業務会と言って、部長以上が集まる会議の進行を行ったり、資金調達などの財務、会計監査対応などの経理関係を担当もしています。

採用活動について教えていただけますか?

会社説明会は基本的に「学生からエントリーがあればその都度行う」という体制をとっていて、希望する学生は好きな時に受けることができます。一対一になることも多く、福利厚生、残業、有給休暇の取得についてなど、気になる部分に関しても、なんでも答えるようにしています。インターンシップも同様に学生の予定に合わせ、その都度スケジュールを組んでいます。正直に言えば大変ですが、経験できてよかったという声を聞いたり、インターンシップを機に入社を決めた社員の存在が励みになってますね。学生にどんな会社か知ってもらうと同時に、会社が学生の考えを知るいいきっかけにもなっています。

どのような学生さんを採用したいですか?

学歴は関係なく、熱意や「自分はこうなりたい」というものを持っている学生がいいですね。構造物の基礎を作っている会社ですから、物自体が日の目を見ることはないのですが、自分が作ったものが社会の役に立っているんだと自負を持ってもらいたいです。仕事は人生において大事な一部分だと思っているので、成長したいという人に対して、管理職の立場から常にサポートしたいという気持ちがあります。

貴方が考えるトーヨーアサノの魅力を教えてください。

まずは社長をはじめ会社全体の姿勢ですね。いいと思ったらやってみる。どんなことでも試してみようというような活気が魅力です。採用に関してもそうですが、業界的に見ても若返りが進んでいると感じます。あとは長く付き合っていける会社ということ。終身雇用が薄れてきていると言っても、長く居れば居るほど、その人が活躍できるような会社だと思っています。基本的に風通しがいい会社だなと感じます。いい意味で上も下もないような。言うべきことが言えるような社風ですかね。我々の世代から比べると、若手社員のいいところを褒めながらアドバイスしていくというふうに会社も変わってきていますね。とは言っても工場や工事現場では危険が伴う作業のため厳しくなるときもあります。社宅制度や今年4月から始まる奨学金の返済補助制度、資格取得支援などのサポート体制も魅力の一つだと思います。

MESSAGE

思いっきり遊ぶことやアルバイトなど、学生の時にしかできない経験をたくさんして欲しいです。学生のうちに自分の見聞を存分に広げて下さい。そこで培ったものが入社してから役立ったり、息抜きになったりということもあると思います。入社した社員が活躍できるようなお手伝いができればと思っています。