工法

method

Hyper-NAKSⅡ工法

残土の少ない高支持力工法


特徴

  1. 支持力算定式の飛躍的な変革です。(旧大臣認定工法の1.69倍)
  2. 大径長尺杭の施工が可能です。(最大杭径:φ1200、最大施工深さ:砂質地盤71.5m、礫質地盤75.0m)
  3. 油圧拡大ビットによる根固め拡大球根築造。(油圧機構により施工管理装置で拡翼開始位置、杭周固定液注入位置がリアルタイムに確認可能)
  4. 正回転での球根部築造が可能なため、球根部内の土砂排土率を高め高品質な球根を築造できます。
  5. プレボーリング工法に比べ排出残土が少ないです。(プレボーリング工法の50〜80%)

施工

施工能率(目安)

100m/日
※施工条件や重機、地盤により異なる場合があります。

適応施工長


適応先端地盤 適応施工長
砂質地盤 71.5m以下
礫質地盤 75m以下

支持力早見表

長期許容支持力



α D
杭先端径
(mm)
杭先端N値
30 35 40 45 50 55 60
Hyper-NAKSⅡ 424 500 832 971 1110 1248 1387 1526 1665
600 1198 1398 1598 1798 1998 2197 2397
700 1631 1903 2175 2447 2719 2991 3263
800 2131 2486 2841 3196 3552 3907 4262
900 2697 3146 3596 4046 4495 4945 5394
1000 3330 3885 4440 4995 5550 6105 6660
1100 4029 4700 5372 6044 6715 7387 8058
1200 4795 5594 6393 7192 7992 8791 9590
単位:kN

ダウンロード資料

カタログダウンロード

認定書ダウンロード


先端地盤種別

砂質地盤 礫質地盤 粘土質地盤
認定書
(φ500-1200)
TACF-0321 TACF-0322 -

施工法

Hyper-NAKS Ⅱ(Nakabori Kakudai System Ⅱ)工法は、既製コンクリート杭を用いた埋込み杭工法の中掘り拡大根固め工法に分類される工法です。
中掘り工法は、地盤の掘削と杭の沈設を同時作業で行なう施工法で、その掘削は既製コンクリート杭の中空部に設置したスパイラルオーガ及び油圧拡大ビットにより、杭先端の直下地盤を掘削するとともに、その掘削土をスパイラルオーガにより杭頭部から排出します。また、同時作業で杭沈設を杭自重及び圧入力により行います。そして、所定深度から油圧拡大ビットを拡翼し、杭周固定液を注入して掘削・撹拌しながら杭を沈設します。引続き根固め液を注入して掘削・撹拌しながら杭先端部に拡大球根を築造し、根固め部に杭先端部を定着して支持力の発現を行なう工法です。

施工順序


支持力算定式