工法

method

Hyper-ストレート工法

様々な地盤に対応できる、高支持力で低コストな工法


特徴

  1. 全長ストレート掘削のため、施工管理が容易です。
  2. 高支持力特有の専用下ぐいが不要です。
  3. 既製コンクリート杭工法の原点に戻り考え出された中支持力工法です。

施工

施工能率(目安)

100m/日
※施工条件や重機、地盤により異なる場合があります。

適応施工長


適応先端地盤 適応施工長
砂質地盤 64.5m以下
礫質地盤 64.5m以下
粘土質地盤 60.3m以下

支持力早見表

長期許容支持力



α D
杭先端径
(mm)
杭先端N値
30 35 40 45 50 55 60
Hyper-
ストレート
(砂質・礫質)
363 300 256 299 342 384 427 470 513
350 349 407 465 523 582 640 698
400 456 532 608 684 760 836 912
450 577 673 769 865 962 1058 1154
500 712 831 950 1069 1187 1306 1425
600 1026 1197 1368 1539 1710 1881 2052
700 1396 1629 1862 2095 2328 2561 2793
800 1824 2128 2432 2736 3041 3345 3649
900 2309 2694 3079 3463 3848 4223 4618
1000 2850 3326 3801 4276 4751 5226 5701
単位:kN


α D
杭先端径
(mm)
杭先端N値
30 35 40 45 50 55 60
Hyper-
ストレート
(粘土質)
341 300 160 200 321 361 401 441 482
350 218 273 437 492 546 601 656
400 285 357 571 642 714 785 857
450 361 451 723 813 903 994 1084
500 446 557 892 1004 1115 1227 1339
600 642 803 1285 1446 1606 1767 1928
700 874 1093 1749 1968 2187 2405 2624
800 1142 1428 2285 2571 2856 3142 3428
900 1446 1807 2892 3254 3615 3977 4338
1000 1785 2231 3570 4017 4463 4910 5356
1100 2160 2700 4320 4860 5401 5941 6481
1200 2571 3213 5142 5784 6427 7070 7713
単位:kN

ダウンロード資料

カタログダウンロード

認定書ダウンロード


先端地盤種別

砂質地盤 礫質地盤 粘土質地盤
認定書
(φ300-1000)
TACP-0402 TACP-0403 TACP-0454
認定書
(φ300-1200)
- - TACP-0466
引抜き評定書
(全先端地盤共通)
引抜き方向許容支持力 BCJ評定-FD0593-01

施工法

Hyper-ストレート工法は、オーガにより地盤を先行掘削した後に根固め液および杭周固定液を注入し、くいを自沈又は回転によって所定の支持層に1D 以上挿入する工法です。オーガヘッド、スクリュウ、攪拌ロッド及び連結ロッドなどで構成される掘削攪拌装置を使用し、下図の施工手順の要領で施工します。
また、施工時に施工管理装置を用いることで、根固め球根部の築造管理や支持層管理をリアルタイムで行い、品質確保に努めています。

施工順序


支持力算定式